8 Wisdom  nico-wisdom.com
Wisdom  ■日本紀行   ■My Fhoto World   ■成功の条件 
Top Pageへ   ■世界の医学史  ■日本の医学史   ■ホスピスと介護 
 ■nico-wisdom
 ■和紙と日本文化   ■ふすま絵の世   ■随縁記
  
■お問い合わせ 


      Wisdom Blog        pageTOP    
 My Fhotos-Worldmy angle
           さあ カメラを持って 旅に出よう                

   四季の花々TOP    ■My Fhoto WorldTOP   ■Top Pageへ
 

    

      菊 花

   
 


  菊は
  薬草や観賞用植物として平安時代より用いられ、
  宮中では菊の節句とも呼ばれる重陽の節句(旧暦9月9日)が明治時代まで行われ、
  現在でも皇室園遊会(観菊御宴)として行われている。

  日本で菊の栽培が盛んになったのは、栽培のプロセスが冬に芽をとり、
  春に植え、夏に成長させ、秋に観賞するといった具合で、
  イネの栽培と類似していることが影響しているとの説がある。
  現在では各地に愛好会ができる一方で、
  秋にはそれらが主催の品評会が開かれている。

  菊花紋章は、
  鎌倉時代の初め後鳥羽上皇が菊の花の意匠を好み、
  「菊紋」を皇室の家紋とした頃からである。
  鎌倉時代には、蒔絵や衣装の文様として流行した。
  日本の南北朝時代以降には、
  天皇より下賜されることで、公家や武家の間で家紋として使用されるようになった。

  日本で観賞用多年草植物として発展した品種群を和菊、
  西ヨーロッパで育種されて生まれた品種群を洋菊と呼ぶ。

  観賞園芸的には和菊、生産園芸的には洋菊が中心に栽培されている。
  バラ、カーネーションとともに生産高の多い花卉となっている。

  日本には350種ほどの野菊が自生するが、栽培菊は日本になかった。
  『万葉集』には157種の植物が登場するが、菊を詠んだ歌は一首もなく、
  飛鳥時代・奈良時代の日本に菊がなかったことを暗示する。


 



 
    大菊
  大菊



    ピンクスプレー
    ピンクスプレー




   
 
   

   
   





    大菊 厚物
   大菊 厚物



    大菊 管物
   大菊 管物




         小菊
        小菊



   
     ピンポン
    ピンポン





    洋菊 
   洋菊




   洋菊





   洋菊



    スプレー菊
   スプレー菊






    スプレー菊


     
    洋菊

    
   

    
      スプレー菊(
    スプレー菊



      ジニアリネアリス
     ジニアリネアリス






     セザンヌ
    セザンヌ



     ブルーミングスケープ
    ブルーミングスケープ



    ぽんぽん菊
   ぽんぽん菊






    美濃菊
   美濃菊


 
           食用キク(紫色品種)  
         食用キク(紫色品種)


    三段仕立てのキク
   三段仕立てのキク



           三本仕立て
          三本仕立ての菊



     千輪仕立て
   千輪仕立て


  
    千輪仕立て
   千輪仕立て
   


    千輪仕立て
   千輪仕立て




         千輪仕立て





   
   
    



   





 pageTOP      四季の花々TOP     ■My Fhoto World top

 ■Top Pageへ 
アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター