8 Wisdom  nico-wisdom.com     
Wisdom ■日本紀行  ■My Fhoto World  ■成功の条件 
Top Pageへ  ■世界の医学史 ■日本の医学史  ■ホスピスと介護 
アクセスカウンター
■和紙と日本文化  ■ふすま絵の世界  ■随縁記
■nico-wisdom
■お問い合わせ 



      Wisdom Blog     pageTOP
 
                       
 My Fhotos-World
   
   ■Top Pageへ                       my angle

  さあ カメラを持って 旅に出よう 

 四季の花々TOP
 



        日本のさくら






 サクラは日本文化に馴染みの深い植物で、サクラ=日本人のイメージが強く、
 平安時代の国風文化の影響以降、桜は花の代名詞のようになった。
 春の花の中でも特別な位置を占め、桜の花見は風物詩である。
 各地に桜の名所があり、有名な一本桜も数多く存在する。

 サクラの開花時期は関東以西の平地では3月下旬から4月半ば頃が多く、
 日本の年度は4月始まりであることや、
 学校に多くの場合サクラが植えられていることから、
 人生の転機を彩る花にもなっている。

 サクラはその艶やかさとともに、散って行く儚さや潔さも愛でられ、
 古くから桜は、諸行無常という感覚にたとえられ、ぱっと咲き、さっと散る姿ははかない人生を投影する対象となった

 園芸品種として300種類以上もあり、さまざまな姿の花が見られる。
 花弁が五枚までのものを一重、
 五枚から十枚のものを半八重、
 十枚以上の花弁をもつものを八重と言う。
 また、花弁が非常に多く、一枚一枚が細長い場合、菊咲きという。

 開花期間は、ソメイヨシノでは、満開から一週間程度で花が散る。
 またソメイヨシノはクローンであるために、株ごとのばらつきも小さく、一斉に咲く。
 しかし、ソメイヨシノが爆発的に植えられる以前の日本では、
 少しずつ別の株、別の種に移りながら、様々な桜が咲くというのが、普通の姿であった。

 


 


  桜の名所


  
    吉野の上千本桜
  吉野の上千本桜





  吉野の上千本桜




    淀川の背割り桜
  淀川の背割り桜




     横浜大川プロムナード
  横浜大川プロムナード




   隅田川
  隅田川の桜




    隅田川
  隅田川の桜




    大阪城公園
  大阪城公園の桜




    弘前公園
  弘前公園の桜



    弘前公園
  弘前公園の桜







  桜のいろいろ




   染井吉野(ソメイヨシノ)                    大白(タイハク)
  染井吉野(ソメイヨシノ) 大白(タイハク)




    緋寒桜(ヒカンザクラ)                   紫桜(ムラサキザクラ)
    緋寒桜(ヒカンザクラ)  紫桜(ムラサキザクラ)




    来迎寺菊桜(ライゴウジキクザクラ)           八重紅枝垂れ(ヤエベニシダレ)
    来迎寺菊桜(ライゴウジキクザクラ)  八重紅枝垂れ(ヤエベニシダレ)




  
    八重大島(ヤエオオシマ)                 子福桜(コブクザクラ)
   八重大島(ヤエオオシマ)  子福桜(コブクザクラ)




  
   市原虎の尾(イチハラトラノオ)               楊貴妃(ヨウキヒ)
   市原虎の尾(イチハラトラノオ) 楊貴妃(ヨウキヒ)




     鬱金(うこん)桜                        御衣黄(ぎょいこう)
   鬱金(うこん)桜 御衣黄(ぎょいこう)




     イベー                            イベー
   イベーイベー



     緋牡丹桜                        サト桜八重
   緋牡丹桜 サト桜八重








  八重桜



    京都上賀茂神社の枝垂れ桜
  京都上賀茂神社の枝垂れ桜



    福島県三春町福聚寺の枝垂れ桜
  福島県三春町福聚寺の枝垂れ桜




    静岡 栃沢の枝垂れ桜
  静岡 栃沢の枝垂れ桜



    京都御苑の枝垂れ桜
  京都御苑の枝垂れ桜
   


  
    福島県小川諏訪神社の枝垂れ桜
   
  福島県小川諏訪神社の枝垂れ桜





    長野県高山村の枝垂れ桜  
  長野県高山村の枝垂れ桜 





 pageTOP

 四季の花々TOP

 ■Top Pageへ