8 Wisdom  nico-wisdom.com
Wisdom  ■日本紀行   ■My Fhoto World   ■成功の条件 
Top Pageへ   ■世界の医学史  ■日本の医学史   ■ホスピスと介護 
 ■nico-wisdom
 ■和紙と日本文化   ■ふすま絵の世   ■随縁記
  
■お問い合わせ 











 ■Top Pageへ

  wisdomm Blog
 
     My Fhotos-World      
                          my angle
■外部リンク 

    さあ カメラを持って 旅に出よう        

     My Fhotos-World    ■Top Pageへ     pageTOP 

 
 
  
■美しき日本の風景



   
 鳥取砂丘

 pageTOP



 

 鳥取砂丘は、

鳥取市の日本海海岸に広がる広大な砂礫地で、代表的な海岸砂丘。

 山陰海岸国立公園の特別保護地区に指定されており、南北2.4 km, 東西16 kmに広がる。

観光可能な砂丘としては日本最大で、一般が立ち入れないものも含めると、青森県の猿ヶ森

砂丘に次ぐ規模を誇る。

 1955年(昭和30年)に国の天然記念物に、2007年(平成19年)に日本の地質百選に選定さ

れ、伯耆大山と並んで鳥取県のシンボルの一つとされている。

 中国山地の花崗岩質の岩石が風化し、千代川によって日本海へ流されたあと、

 海岸に集まったものが砂丘の主な砂となっている。

 海中の砂を、海岸に向けて流れ寄せる潮流と、海岸線に堆積した砂を

内陸へ吹き込む卓越風の働きで形成された。

 最大高低差は90 mにもなり、

 すり鉢に似た形に大きく窪んだ「すりばち」と呼ばれる地形が作られており、

特に大きなすりばちは40 mの高さになる。

 すりばちの斜面には、流れるように砂が崩れ落ちた形が

簾を連想させる砂簾(されん)などの模様や、風速5 - 6 m程度の風によって形作られる

風紋(ふうもん)と呼ばれる筋状の模様が見られる。

 すりばちの最深部には「オアシス」と呼ばれる地下水が湧出している場所があり、

ごく浅い池を形作る時期もある。






砂丘と日本海



鳥取砂丘全景


鳥取砂丘全景


鳥取砂丘全景


鳥取砂丘


鳥取砂丘


鳥取砂丘全景


海岸砂丘


海岸砂丘


海岸砂丘


海岸砂丘


海岸砂丘


海岸砂丘


海岸砂丘




海岸砂丘


海岸砂丘

My Fhotos-World    ■Top Pageへ     pageTOP

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター